デンタルフロス(糸ようじ)おすすめ4選【絶対に失敗しない!歯垢を落とそう】

デンタルフロスおすすめ3選【絶対に失敗しない!歯垢を落とそう】

「歯に詰まった歯垢(しこう)をきちんと取り除かないと、歯石になって口臭の悪化や歯周病になりやすくなる・・」と悩んでいる人が多いです。

普段の歯磨きだけでなく、きちんと「デンタルフロス(糸ようじ)」で歯につまっている歯垢(しこう)を取り除く必要があります。

この記事では、デンタルフロス(糸ようじ)の中でも特におすすめできるもののみご紹介します。

  • 今回ご紹介するデンタルフロスは4つ
  • デンタルフロスはとにかく安い
  • 歯磨きでは取れない歯垢(しこう)をとることができる
  • 歯垢が歯に残っていると、口臭が悪化する

デンタルフロスをするしないで、口臭が段違いに変わります。

安く購入できるのでぜひお試しください。

この記事がオススメな人
  • デンタルフロスの購入を考えている人
  • デンタルフロスのどれがいいか迷っている人
  • 口臭で悩んでいる人
そもそも歯垢(しこう)と歯石について知りたい方はこちら

デンタルフロス(糸ようじ)の中でも特におすすめ4選

デンタルフロスの中でも特におすすめ3選

数ある種類があるデンタルフロス。

「その種類の多さにどれを選べば良いか分からない・・」こんな声をよく聞きます。

そこで、歯科衛生士をしている編集部が実際に使ってみてよかったデンタルフロスをご紹介します。

この4つは特に人気の品なので、この中から選べば失敗しません。

アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ / クリニカ

1つ目はデンタルフロスの定番中の定番クリニカの「アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ」です。
安いのに性能がいいので多くの人に使用されています。

アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプの図

アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

  • 300円
  • 一般的な糸ようじは一度きりしか使えませんが、この商品は繰り返し利用できます。
  • 持ち手がついているので衛生的。
  • 初めてデンタルフロスを買う方はこれを買えば失敗しません。
  • ワンコインで購入できるので始めやすい!
オススメ
アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプの評価
総合評価
(4.5)

アドバンテージスポンジフロス / クリニカ

2つ目もデンタルフロスの定番中の定番クリニカの「アドバンテージスポンジフロス」です。
1つ目は持ち手があったのに対し、2つ目は持ち手がありません。

持ち手がないからこそ、奥歯まで自由に糸を変形させることができるので持ち手がないデンタルフロスをおすすめしています。

安いのに性能がいいので多くの人に使用されています。

アドバンテージスポンジフロス

  • 550円
  • 口に含まれている水分で3倍~4倍に膨らむので、しっかり歯垢(食べかす)などを落とすことができます。
  • 素材がスポンジなので、歯にも優しい
  • 初めてデンタルフロスを買う方はこれを買えば失敗しません。
オススメ
アドバンテージスポンジフロスの評価
総合評価
(4.5)

オーラルB プレミアムデンタルフロス / ブラウン

オーラルB プレミアムデンタルフロス

  • 650円
  • 他のデンタルフロスと異なり一本の糸で作られている
  • そのため歯の隙間に入りやすい
  • 購入した90%の人が満足している
  • プロの歯科医師が推奨
プロ推奨
オーラルB プレミアムデンタルフロスの評価
総合評価
(4.0)

デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント / リーチ

デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント

  • 400円
  • ペパーミント味なので、後味すっきり
  • 細かい歯間まで届く
爽快!
デンタルフロス クリーンバースト ペパーミントの評価
総合評価
(4.0)

デンタルフロス(糸ようじ)の基礎知識

歯垢(しこう)は口をゆすぐだけでは取り除くことができません。

そのため、しっかり歯磨きをする必要があるのですが歯磨きだけでは歯の隙間などを綺麗にすることができません。

そこで、デンタルフロスを歯磨き後に行う必要があります。デンタルフロスをすることで、歯磨きでは取りきれなかった歯垢を取ることができます。

『山本他日本歯周病誌』の調査によると、歯ブラシの後にデンタルフロスを使うと、歯垢の除去率が約30%アップしたという結果が出ています。

デンタルフロスを使うことで得られる効果

虫歯・歯周病対策

食べかすなどの歯垢(しこう)が残ったままの場合、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。

そのため、しっかり日頃から歯垢(しこう)を歯から取り除く必要があります。

歯の健康チェックができる

不健康な歯の人は、デンタルフロスをすると血が出てしまうかもしれません。

歯茎から血が出るということは不健康な証拠。

血を出すことで細菌が溜まるのを防ぐことができます。
定期的な健康チェックという意味でもデンタルフロスは効果が高いです。

口臭の大幅改善

なんといっても歯垢が歯に残っていると口が臭くなります。

自分では気づかないかもしれませんが、歯垢が残っているだけで口臭がひどいので、しっかり歯垢を取り除く必要があります。

デンタルフロスの使い方

持ち手があるY字型タイプのデンタルフロスはなんとなく使い方は想像つくかもしれません。

持ち手がないタイプのデンタルフロスってどうやって使うのだろう?と思う方も多いと思います。

引用:クリニカ

手順1
まず、デンタルフロスを30cm〜40cmくらいに切ります。
手順2
切ったデンタルフロスを両手中指に巻き、15cmくらいに張ります。
手順3
親指と人差し指ではさみ、指の間を1~2cmくらいにします。
手順4
歯と歯の間に、小さく動かしながら、ゆっくり入れます。
手順5
歯の側面に沿って、上下2回〜3回動かします。
手順5
小さく動かしながら、ゆっくり取り出す。

この記事では、失敗しないためのデンタルフロスおすすめ4選をご紹介しました。

歯磨きだけでももちろん構いませんが、歯垢が取り除けてないでしょう。
自分では感じませんが、意外と他人には口臭は伝わっています。エチケットなどを意識する人にはおすすめします。

デンタルフロスを4選ご紹介しましたが、特におすすめしたのがクリニカのアドバンテージスポンジフロスです。

アドバンテージスポンジフロス

初心者の方でも使いやすいデンタルフロスなので、多くの方に選ばれています。