ホワイトニングで後悔する理由は?後悔しないためにするべきこと

せっかく歯を白くするために高額のお金を払ってホワイトニングしてもらったのに、すぐ歯の色が戻って後悔した・・・

ホワイトニングを実際にした人からよく上記のような悩みを聞きます。

この記事では実際にホワイトニングで後悔する理由とは何か?後悔しないためにすべきは何か?を解説します。

まずホワイトニングで後悔する理由を先に教えます。

  • 高額なお金を払うもすぐに歯の色が戻る
  • せっかく歯が白くなったのに歯石ができてしまう
  • せっかく歯が白くなったのに虫歯・歯周病になってしまう
  • 歯ぎしりや硬い食べ物により歯が傷ついてしまう

どうして?って思った方も多いのではないでしょうか。

この記事を読むことで、後悔しないためにすべきことを学ぶことができます。

ぜひ気になる人は下までぜひ読んでください。

この記事がオススメな人
  • ホワイトニングをした後に後悔していて対処法を探している人
  • これからホワイトニングしたい人
  • ホワイトニングの情報収集をしている人

そもそもホワイトニングとは何か知りたい方はこちら

ホワイトニングで後悔する理由

そもそも研磨剤とはを表した図

  1. 高額なお金を払うもすぐに歯の色が戻る
  2. せっかく歯が白くなったのに歯石ができてしまう
  3. せっかく歯が白くなったのに虫歯・歯周病になってしまう
  4. 歯ぎしりや硬い食べ物により歯が傷ついてしまう

高額なお金を払うもすぐに歯の色が戻る

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの場合、約1万円〜6万円、
歯科医院で歯型を取り、自宅で行うホームホワイトニングの場合、約2万円〜5万円かかります。

高額のお金を払って歯を白くしても、日常生活でタバコを多く吸ったり、色がつきやすい食べ物を食べたりしていると歯の白さを維持するのが難しいです。

高額なお金を払って歯が白くなった後に後悔するケースが多いです。

この記事の下に解決策を提示しているので、そちらをご覧ください。

せっかく歯が白くなったのに歯石ができてしまう

食べかすが放置されて石のように硬くなった歯石。

せっかくホワイトニングで歯が白くなったのに、歯石ができ歯の間が黒くなってしまったらもったいないものです。

歯石ができないようなケアをする必要があります。

せっかく歯が白くなったのに虫歯・歯周病になってしまう

ホワイトニングで歯が白くなったあとに、虫歯になると歯の白さと比べて目立ってしまいます。

また、歯周病になると歯茎から血が出たりするので目立ってしまいます。

虫歯や歯周病にならないようなケアが必要になります。

歯ぎしりや硬い食べ物により歯が傷ついてしまう

夜に寝るときについついしてしまう歯ぎしり、硬い食べ物を噛むことにより歯は傷ついてしまうものです。

歯が傷つくとどうなるのか?ホワイトニングをすると歯がしみてしまいます。

ホワイトニングの薬剤がしみたら、ホワイトニングをするのが億劫になってしまいます。

そのため、歯がしみないようなケアが必要になります。

ホワイトニング後に後悔しないためにするべきこと

ホワイトニング後に後悔しないためにするべきことの図

上記でホワイトニングで後悔する理由について解説しました。

では、後悔しないために何をすべきか解説します。

すぐに歯の色が戻ってしまう人がすべきこと

デュアルホワイトニングをする

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時期に行うことをデュアルホワイトニングと言います。

デュアルホワイトニングは、ホワイトニング効果を長期化させることができます。

注意
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方することになるのでかなり高額になってしまうので注意。

食べ物・飲み物に注意する

コーヒー、ワイン、お茶、チョコレートなど色のつきやすい飲食物があります。

それらを飲み食いした後に、歯磨きや口ゆすぎをしなければどんどん色がついてしまいます。

そのため、しっかり歯磨きや口ゆすぎをしましょう。

歯の着色汚れ(ステイン)が付きやすい飲食物と予防法歯の着色汚れ(ステイン)とは?原因となる飲食物と予防法

タバコの喫煙を控える

たばこを吸うと歯が黄色く汚くなります。多くの喫煙者が後悔しています。

たばこで歯が黄色くなるのは嘘?黄ばみを防ぐ方法【超簡単】たばこで歯が黄色くなるのは嘘?黄ばみを防ぐ方法【超簡単】

そこで、タバコの黄ばみを取る効果のある市販の歯磨き粉を使うと良いです。

そのため以下のヤニ取り効果のある市販の歯磨き粉を使うと良いでしょう。

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリエチレングリコール
  • ポリビニルピロリドン
  • 研磨剤が含まれているホワイトニング用歯磨き粉
    特に気になるときのみ使用

タバコのヤニを落とせる歯磨き粉おすすめ15選【喫煙者必見】 タバコのヤニを落とせる歯磨き粉おすすめ15選【喫煙者必見】

黄ばみ落とし歯磨き粉 黄ばみや着色汚れを落とせる歯磨き粉17選【編集部おすすめ】

歯石を予防したい人がすべきこと

デンタルフロスを使う【市販で買える!】

デンタルフロスを使う【市販で買える!】

歯石を予防するには食べかすをしっかり歯茎や歯と歯の隙間から取り除く必要があります。

食べかすはデンタルフロスを使うことで取り除くことができます。食べかすは口をゆすぐだけでは取り除くことができません。

歯と歯の間に存在している歯垢は、歯ブラシだけでは取り除くのが難しいです。

歯ブラシの後にデンタルフロスを使うと、食べかすの除去率が約30%アップしたという結果が『山本他日本歯周病誌』の調査結果で分かっています。

デンタルフロスおすすめ3選【絶対に失敗しない!歯垢を落とそう】 デンタルフロス(糸ようじ)おすすめ4選【絶対に失敗しない!歯垢を落とそう】

虫歯・歯周病にならないためにすべきこと

マウスウォッシュを使うとよいでしょう。

マウスウォッシュとは
虫歯・歯周病を予防するために用いる液体製品のこと。一般的に洗口液と呼ばれます。

「リステリン®」や「モンダミン®」が代表的なマウスウォッシュで、虫歯や歯周病予防に最適です。

マウスウォッシュ(洗口液)最新おすすめ4選【虫歯、歯周病予防】

歯がしみたくない人がすべきこと

歯がしみるということは知覚過敏の状態になってしまっていると言えます。

そのため、知覚過敏の症状を抑えることで歯がしみにくく後悔することが少なくなるのではないでしょうか。

以下の歯磨き粉を日常的に使うことをおすすめします。

  • 歯をコーディングしてくれる歯磨き粉
  • 知覚過敏の方向けの歯磨き粉

知覚過敏向けにおすすめの歯磨き粉11選【しみにくくなる!】

市販でも購入できる歯磨き粉を使用することで、歯がしみにくくなり痛まなくなります。