日本人の歯の色は平均でどれくらい?個人差がある理由は?

日本人の歯の色は平均でどれくらい?個人差がある理由は?

  • 「日本人の歯は欧米人より黄色いらしい」
  • 「歯の色には個人差があるらしい」

このような噂や説を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

結論
日本人の歯は欧米人より黄色いです。それは、歯の質が日本人と欧米人では異なるためです。

歯の質の違いから個人差が生まれてきます。

では日本人の歯の色の平均はどれくらいなのでしょうか?

歯の色が決まる仕組み歯の色を欧米人に近づけるにはどうしたらいいのかについてご紹介します。

歯の色は第一印象において非常に大事なので、知って対策すべきです。

日本人の歯の色の平均

日本人の歯の色の平均引用:EPARK歯科

上図は歯科の情報サイト『EPARK歯科』で掲載されている図です。(『EPARK歯科』のリンクは図下に貼ってあります。)

この図を見ると、日本人の平均的な歯の色はA3.5であることが分かります。

B2やD2やA3など歯科医院に行くと聞いたことがあるかと思いますが、実は歯の明るさの用語だったのです。

歯の色が決まる仕組み

では、歯の色はどのような仕組みで決まっているのでしょうか?

結論

歯の質で歯の色は異なります。具体的には、下記の通りです。

  • エナメル質
    歯の外側を覆っている。白色で半透明。
  • 象牙質
    エナメル質の下にある。黄色。
  • 歯髄
    象牙質の中にある神経。

エナメル質の透明度分厚さ象牙質の黄色度で歯の色は決まります。

象牙質はもともと黄色ですので、半透明のエナメル質の厚さが薄かったら歯の色は黄色く見えます。

欧米人の方が歯の色が白い理由

理由
欧米人の歯のエナメル質が日本人のエナメル質より分厚いから。

上でも解説しましたが、白色で半透明のエナメル質と黄色の象牙質があり、エナメル質が分厚いと黄色の象牙質が目立たなくなります。

そのため、エナメル質が分厚い欧米人の歯は日本人よりも白く見えます。

注意
洋画に出演している欧米のスターなどはほとんどセラミックやホワイトニングをしているので注意。

しかし、基本的に日本人より歯が白いです。

日本人の中でも歯の色に個人差がある

歯の色は基本的にはエナメル質と象牙質によって変わってくると解説しました。

しかし、他にも個人差が出る原因があります。

  • たばこの喫煙
  • 歯に色がつきやすい飲食物の摂取
  • 虫歯などにより歯髄(象牙質の中にある神経)が黒くなる

たばこの喫煙

たばこのヤニ(タール)が吸い終わった後も歯の表面に残り続けるため、歯の色が黄色くなってしまいます。

タバコの喫煙の有無で歯の色がかなり変わってきます。

たばこで歯が黄色くなるのは嘘?黄ばみを防ぐ方法【超簡単】たばこで歯が黄色くなるのは嘘?黄ばみを防ぐ方法【超簡単】

歯に色がつきやすい飲食物の摂取

コーヒー、お茶、カレーライス、チョコレートなど歯に色がつきやすい飲食物を摂取した後、放置していると歯が黄色くなってしまいます。

しっかりしたケアが必要になります。

歯の着色汚れ(ステイン)が付きやすい飲食物と予防法歯の着色汚れ(ステイン)とは?原因となる飲食物と予防法

虫歯などにより歯髄(象牙質の中にある神経)が黒くなる

虫歯になると神経が死んでしまうので、歯が黒くなります。

日頃から虫歯にならないようなケアが必要になります。

日本人が欧米人のような歯の色になるには【誰でもできる】

日本人が欧米人のような白い歯を手に入れるのは案外簡単です。

具体的には下記の4通りの方法があります。市販でもできますので、試してみましょう。

歯の色で第一印象がガラリと変わります。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • セルフホワイトニング
  • 市販のホワイトニンググッズを使う
ホワイトニングとは
変色している歯を白くする技術のことを指します。

歯の変色には、たばこのヤニ、茶渋、コーヒーなど原因は様々あります。中にはもともと歯の色が黄色という方もいるかもしれません。

そのような方の歯を理想の色に近づけるのがホワイトニングです。

そもそもホワイトニングとは何か知りたい方はこちら

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは
歯科医院でホワイトニング専用の濃い薬剤とレーザーを施術を受けることで、色素を分解し歯を白くする方法です。施術時間は1時間程度で数回歯科医院に行く必要があります。

料金は高いですが、人から歯が白いと呼ばれるレベルになります。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリットオフィスホワイトニングのメリット・デメリット

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは
歯科医院で歯型を取り、自分に合ったマウストレーを作成してもらい、マウストレーにホワイトニング薬剤を入れて装着することで歯を白くする方法です。自宅で好きな時間に行えるため、人気度が高まっています。

料金はオフィスホワイトニングよりも安いです。効果が出るまで時間がかかりますが、歯が白くなります。

ホームホワイトニングのメリット・デメリットホームホワイトニングのメリット・デメリット

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは
自分自身でホワイトニングをする方法です。美容院やエステサロンなど歯科医院ではないサロンで受けられます。

歯の内面から綺麗にすることはできませんが、表面の汚れを落とすことができます。

セルフホワイトニングのメリット・デメリットセルフホワイトニングのメリット・デメリット

市販のホワイトニンググッズを使う

市販のホワイトニンググッズとは
市販のホワイトニングキットや歯磨き粉で行うホワイトニングです。

歯を白くするホワイトニングを歯科医院に通わずにしたい人安めに済ましたい人向けです。

市販のホワイトニングキット・歯磨きを用意すれば簡単に行うことができるので、手軽に始められるのが特徴で、何もしない場合と比べてかなり効果があったと話題になっています。

以下の成分が含まれている歯磨き粉は特にオススメです。

  • ポリリン酸ナトリウム
    着色汚れ(ステイン)除去を助長する成分が含まれている
  • ラウロイルグルタミン酸ナトリウム
    着色汚れ(ステイン)を防ぐ成分が含まれている

タバコのヤニを落とせる歯磨き粉おすすめ15選【喫煙者必見】 タバコのヤニを落とせる歯磨き粉おすすめ15選【喫煙者必見】

日本人の歯の色は基本的に黄色っぽいと言われています。それは歯の質によると考えられていますが、努力次第で白くすることもできます。

第一印象で重要視されている歯の色を白くしましょう。