ホワイトニングとは?意味や種類や基礎知識を解説

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは基礎知識

ホワイトニングの基礎知識

ホワイトニングとは
変色している歯を白くする技術のことを指します。

歯の変色には、たばこのヤニ、茶渋、コーヒーなど原因は様々あります。中にはもともと歯の色が黄色という方もいるかもしれません。

そのような方の歯を理想の色に近づけるのがホワイトニングです。

単純に歯の外側が着色がついていたり、汚れているだけであれば、歯医者でクリーニングしてもらうことで白くなる可能性はあります。

歯の着色汚れ(ステイン)が付きやすい飲食物と予防法歯の着色汚れ(ステイン)とは?原因となる飲食物と予防法

しかし、歯の内側(エナメル質)が変色しているのであれば、内側(エナメル質)の色素を分解する必要があります。ホワイトニングをすることで、歯の外側だけでなく歯の内側から白くなるので、歯自体の色が綺麗になります。

歯を削り、白い歯を被せることで歯を白くすることもできますが、歯は削りすぎると寿命が短くなりやすいので、ホワイトニングを選択した方がよいでしょう。ホワイトニングは歯を削りません。

そのため、ホワイトニングが今大流行しています。

注意
歯のホワイトニングを歯医者で行なってもらう場合、基本的に保険料適応外なので注意。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには4種類あります。

  1. オフィスホワイトニング
    歯科医院で薬剤やレーザーなどの施術を受ける
  2. ホームホワイトニング
    歯科医院で歯型を取り、自分に合ったマウストレーを作成してもらい、自宅で行う
  3. セルフホワイトニング
    歯科医院でなくても始められるホワイトニング
  4. 市販のホワイトニンググッズ
    気軽に始められるホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
歯科医院でホワイトニング専用の濃い薬剤とレーザーを施術を受けることで、色素を分解し歯を白くする方法です。

オフィスホワイトニングの施術時間は1時間程度で数回歯科医院に行く必要があります。

おおよそ1万円〜6万円が相場です。

短期間で効果が出やすいのですが、元に戻るのも早いので次に紹介するホームホワイトニングを併用するのがおすすめです。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリットオフィスホワイトニングのメリット・デメリット

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
歯科医院で歯型を取り、自分に合ったマウストレーを作成してもらい、マウストレーにホワイトニング薬剤を入れて装着することで歯を白くする方法です。自宅で行います。

就寝時に数時間マウストレーを装着すると、2週間~1ヶ月間で効果が出ると言われています。オフィスホワイトニングが短期間で効果が出やすいという特徴があるのに対し、ホームホワイトニングは効果が出るのに少し時間がかかります。

おおよそマウストレー作成に1万円〜3万円。ホワイトニング薬剤1週間分に5,000円が相場です。

そのため、効果が出るまで薬剤を購入すると、2万円〜5万円かかると言われています。

ホームホワイトニングは、効果が長持ちするので、オフィスホワイトニングと併用するのがおすすめです。

ホームホワイトニングのメリット・デメリットホームホワイトニングのメリット・デメリット

セルフホワイトニング

セルフホワイトニング
言葉の通り自分自身でホワイトニングをする方法です。美容院など歯科医院ではないサロンで受けられます。

美容院などで髪を整えてもらったついでに歯も白くすることができるのが、セルフホワイトニングです。

1回3,000円が相場です。料金がオフィスホワイトニングとホームホワイトニングに比べて安かったり、痛みが出にくいので続けやすいと言われています。

歯科医院でないサロンでセルフホワイトニングする際、注意すべきポイントは以下の通りです。

注意
  • 歯科医院でないため、国家資格を持っているスタッフがいない
  • 歯科医院でもらえる薬剤を使えない
  • クリーニングしてもらえない
  • 内側の汚れは落とせない
セルフホワイトニングのメリット・デメリットセルフホワイトニングのメリット・デメリット

市販のホワイトニンググッズを使う

市販のホワイトニンググッズ
市販のホワイトニングキットや歯磨き粉で行うホワイトニングです。

ホワイトニングを歯科医院などに行かずにやりたい人や安めに済ましたい人向けです。

市販のキット・歯磨きで行うことができるので、手軽に始められるのが特徴で、何もしない場合と比べてかなり効果があったと話題になっています。