薬用ハイドロキシアパタイトとは?エナメル質の修復・虫歯に効果的?

薬用ハイドロキシアパタイトとは?エナメル質の修復・虫歯に効果的?

虫歯やホワイトニングに効果的な歯磨き粉について調べていると「薬用ハイドロキシアパタイト」と言う言葉が出てきます。

歯について全然詳しくない方は「薬用ハイドロキシアパタイト」がどんなものか想像つかないのではないでしょうか?

薬用ハイドロキシアパタイトとは

  • 人の歯と主成分がほぼ同じなので馴染みやすい
  • 虫歯を防ぐために働きかける
  • 歯垢も取ることができるので歯磨き粉に最適な成分

上記が薬用ハイドロキシアパタイトとはどういうものかという疑問に対しての結論です。

どうして?って思った方も多いのではないでしょうか。

ぜひ気になる人は下までぜひ読んでください。

この記事がオススメな人
  • 虫歯になりたくない人
  • ホワイトニングの情報収集をしている人
  • 普段使いできる良い成分の歯磨き粉を探している人

そもそもホワイトニングとは何か知りたい方はこちら
→(参考記事)大手町フレイス歯科

薬用ハイドロキシアパタイトとは

薬用ハイドロキシアパタイトを説明するための図

ホワイトニングや虫歯について検索し調べていると、「薬用ハイドロキシアパタイト」という単語がよく出てきます。

「え?ホワイトニングや虫歯について詳しくないので、薬用ハイドロキシアパタイトとか知りませんけど〜」という人がほとんどだと思います。

薬用ハイドロキシアパタイトを理解するために必要な基礎用語を下記に書いておきます。

歯の質で歯の色は異なります。具体的には、下記の通りです。

意味や基礎知識

そもそも薬用ではない本来の意味が何かを解説します。

ハイドロキシアパタイトとは
カルシウムやリン酸などのミネラルで、骨の65%・歯のエナメル質の95%・象牙質の70%がハイドロキシアパタイトからできています。

これが本来の意味で、歯のほとんどがハイドロキシアパタイトから成り立っています。

では、薬用ハイドロキシアパタイトとは?意味や基礎知識を解説します。

  • 歯垢(しこう)を吸収・除去
  • 歯の主成分と同じなので、歯に馴染みやすく毒性がない
  • 歯にミネラルを補給
  • 今にも溶け出しそうなエナメル質の修復・再石灰化させることで虫歯を防ぐ

薬用ハイドロキシアパタイトが含まれている歯磨き粉が市販で売られていますが、上記のような効果が見込めます。

歯垢と歯石とは?違い・除去法・予防法【完全保存版】歯垢と歯石とは?違い・除去法・予防法【完全保存版】

薬用ハイドロキシアパタイトを含む歯磨き粉の効果

上では、薬用ハイドロキシアパタイトの基礎知識について解説しました。

難しい言葉もあったかもしれません。では実際に歯磨きで使うとどうなのか?解説します。

エナメル質の修復

エナメル質は歯の外側を覆っている白色で半透明の硬い層です。
歯がしみる・痛いと感じることがないように歯の内部の層を保護することで、歯がしみないようにする役割をしています。

過剰な歯磨きや歯ぎしりにより歯のエナメル質に細かな傷がついてしまいます。

薬⽤ハイドロキシアパタイトの細かい粒子が歯のエナメル質にある細かな傷を埋めて修復します。

また、歯垢(しこう)の吸着効果があるので⻭垢がつきにくくなります。

虫歯予防

エナメル質にできた小さな傷に歯垢がたまると、虫歯菌も増殖していきます。

虫歯菌は厄介なことにを作ります。酸が一定の濃度になり中性に戻らず虫歯菌が溶け始めて虫歯になってしまいます。

これを脱灰といいます。

下記が虫歯に関する用語です。

  • 脱灰(だっかい)
    酸がある一定の濃度になると、中性に戻らず虫菌が溶けて虫歯になる。
  • 再石灰化(さいせっかいか)
    唾液は常に中性に戻し虫歯菌が溶けないようにしている。

つまり再石灰化をさせると、虫歯にならずエナメル質を守ることができます。

薬⽤ハイドロキシアパタイトには再石灰化させるという特徴もあり、虫歯予防に最適です。

動画で見るとさらに理解しやすいです。